書籍情報



書籍を検索します。

カテゴリー

E★エブリスタ

三交社のブックリストです。

書影

ファックナイトレ…

成瀬一草

702円 / 9784815550318

書影

BL作家、時々オオ…

雲井ナツメ

713円 / 9784815550325

書影

人妻喰い

二階堂修一郎

780円 / 9784815575205

書影

パパは大モノ! 乱…

鳴海丈

780円 / 9784815575199

書影

乱れ咲きのΩ~未亡…

楽田トリノ

702円 / 9784815500894

三交社ニュースです。

お詫びと訂正

弊社発行書籍、古新舜・佐東みどり著 「ノー・ヴォイス」において、誤植があり…

三交社のリンクバナーです。

韓国人が身勝手にみえる理由(わけ)
韓国人が身勝手にみえる理由(わけ)

韓国人が身勝手にみえる理由(わけ)
ウリの求心力と排他性

発売日:1996年05月01日

中村欽哉著

ISBN:978-4-87919-561-6 / C0036 / 四六判上製 / 222頁

定価1572円(税込)

サイト内で購入する。

「ウリ」は韓国理解のキーワード! 日本だけに、わがままを押し通そうとするのは、なぜか?


韓国はウリ(われわれ)がキーワード。対日本ですぐ一致団結する謎もこれで解ける。多数の日韓文献・証言・現地体験から、立体的にみた新視点の書。


序章 韓国を見れば日本が分かる

「日本海」とはけしからぬ/竹島なんてない/対馬海峡は日韓にたちはだかる壁/対馬海峡は泳いでは渡れない/欧米と比べれば日韓は同じだ/歪んだ目でしか見えないか

第一章 身勝手にみえる韓国人――つねに上昇思考の個々人としての

1:韓国人は約束した時間を無視するか?
コリアン・タイム/時間を守る度合いの日韓比較/口約束は守らなくてよい/韓国に入らばコリアン・タイムに従え/コリアン・タイムはB型感覚?/歴史的な時間感覚

2:日本と韓国の時差
韓国標準時は日帝の置きみやげ/今でも日本標準時を採用?

3:チームプレーができない韓国人
「一対一」ならかならず日本人に勝つ/それは自分の仕事ではない/ツナヒキなら団結できる/「甕の中の蟹」は足を引っ張りあう

4:韓国人は職人を差別する
汗をかくのは両班ではない/肉体労働はDanger、Dirty、Difficultの「三D」/料理屋も「三D」である/韓国には料理文化はない/本当にしたいのは料理屋経営ではない?/作業服は着たくない

5:年をとるほど偉くなる韓国人
年下にはパンマル(ぞんざいな言葉)で/一家、親族のランキング/朝鮮王朝の身分制度が現在にも影響している/横並びはいやだ

第二章 ウリ(われわれ)は韓国理解のキーワード――韓国人は一人でいられない

1:ウリマル(われわれの言葉)とは?
韓国で在日韓国人が憂鬱になるとき/日帝は朝鮮語を奪えなかった/「国語」とは朝鮮語? それとも日本語?

2:「ウリ」内では個性はじゃまだ
「ウリ」には共同体の意識が/「ウリアボジ(われわれのお父さま)」とは?/「ウリ」は他人(ナム)にたいして連発する/「ウリ」は入れ子の構造

3:「第一ウリ集団」
韓国の家族構成/門中と同本同姓/家の構造

4:「第二ウリ集団」
会社はコネ集団でなりたっている/コネもお金で買えるようになった/「新来侵虐」

5:「情」で結ばれる「ウリ集団」
接触で「情」は生まれる/異なるウリとウリは混じり合わない/韓国民という「ウリ」は存在するか/知人(アヌン・サラム)と見知らぬ人(ナッソン・サラム)

第三章 ウリ(われわれ)よがりの韓国人

1:強力な韓国人の家族の意識
「同本同姓」は結婚できない/「同族経営」は会社の基本理念/親は作れないが子供はまた生まれる/子供を殺しても親孝行しなければ/親が死ねば戦場からもリタイヤ

2:「ありがとう」と「ごめんなさい」
軽々しく礼をいってはならぬ/上位者は礼をいうものではない/何も買わないのに「ありがとう」だって
3:クェンチャナヨ(かまへん)文化は韓国をだめにするか
韓国人のおおらかさ/韓国人のいいかげんさ/足を踏んでもクェンチャナヨ?

4:西洋人にコリアン・スマイルは理解できない
コリアン・スマイルでわびる/コリアン・スマイルとジャパニーズ・スマイル/クェンチャナヨにはジャパニーズ・スマイルで

5:上司にならえ、で会議にならない
課長と同じです/私も(ナド)、私も(ナド)/日本人は意識的な「没我」、韓国人は無意識的な「滅私」

6:人のものは自分のもの、自分のものは人のもの
ご飯はみんなで食べるもの/「ウリ」内では持ちものを区別してはならない

7:通うほど高くなる寿司屋
馴染みになると損をする/日本人からは高く取ってもよい/馴染みなら割高料金は当然だ

8:韓国人もホンネとタテマエ
韓国人はスパイになれない?/一度はホンネを隠す/亀裂がはいった「ウリ」

9:豊臣秀吉の目はネズミのようだった
目にはホンネが表われる/秀吉と朝鮮使節の会見/秀吉の目は光り輝いていた/ホンネとタテマエが違うのは「小人」

10:一族同士は熾烈に争う
婦女子も秀吉軍と戦う/権慄元帥を貶すのは許せぬ/祖先の争いが現在にも続く

11:地域と地域は激しく反発する
同郷というウリ/我が故郷から王を/全羅道VS慶尚道/済州島出身者は日本でも差別された

第四章 韓国人の差別構造

1:在韓中国人を差別する韓国人
儒教の先生をなぜ?/「野人」「倭人」が朝鮮を侵略/心までは従わず/中国人敵対をあおった日帝の支配/万宝山事件で中国人を襲撃/中国人は不潔だ?/現在もある就職差別・土地所有制限

2:在日韓国人はもはや韓国人ではない
ウリマルが話せないのは韓国人ではない/すっかり日本化している言語・食・住/日本式な通名を使うのはけしからん/名分主義の強い韓国人/韓国人の在日韓国人観/日本人よりずっと品がない/朝鮮戦争での在日韓国人志願兵/完全に日本人化している/「在日」は韓国族の「日本人」/パンチョッパリ(半日本人)もウリに/もう日本人になりきりなさい/「在日」はアイデンティティーを模索する旅人

3:みんな日本が悪いのだ
日本なんて文化がないんだ/ソウルでは帽子と足袋を身につけよ/日本の文化はみな教えてやったものだ

4:唯日史観
責任を無限に転嫁する/「反日」「克日」「離日」/「日本複写漫画」も日本が悪い/複写漫画は韓国人が作っているという事実/NHKは対韓文化侵略を企んでいる

南北統一はあるか(おわりにかえて)