書籍情報


東京アリラン物語
東京アリラン物語

東京アリラン物語

発売日:1992年03月10日

孫昌鍋(そん・ちゃんほ)著 呉善花訳

ISBN:978-4-87919-108-3 / C0097 / 四六判上製 / 256頁

定価1342円(税込)

サイト内で購入する。

ソウルから東京へ、 小学校教師・ソンヒはなぜ日本で生き続けようとするのか?
「もう一つの日韓問題」の現実を鋭く語る問題小説。


韓国で大反響を巻き起こした問題小説! ソウルから東京へ──小学校教師のソンヒは、なぜ日本でホステスとなり日本で生き続けようとするのか?「もう一つの日韓問題」の現実を鋭く描いた、注目のノンフィクション・ノベル <東京アリラン>の心情 アリランとは韓国民謡にうたわれた伝説上の峠。愛しい人が私を捨てて去ってゆく。でも、アリラン峠を越えようとしているあのひとは、その険しく苦しい道程に、十里も歩かないうちに病に倒れてしまうに違いない──。 作者は、留学生をはじめとする日本で暮らす韓国人たちそれぞれの心に、<東京アリラン>の歌声を聞いている。



東京アリランを歌った男

幸福は虹で終わる

ある留学生のアルバイト

玄界灘よ話しておくれ

私の青春を盗まれて

ノリゲなのか夜の蝶なのか

悲しき瞳のアリア

著者のことば

訳者解題