書籍情報



書籍を検索します。

カテゴリー

E★エブリスタ

三交社のブックリストです。

書影

オオカミ騎士団長…

当麻咲来

1296円 / 9784815540173

書影

ドMでちっこい先…

高橋徹

1296円 / 9784815565138

書影

アンビリカル・セ…

十わだこ

702円 / 9784815500818

書影

わんちゃんおいで…

ロッキー

713円 / 9784815500801

書影

運命のひと

はんそで

713円 / 9784815500795

三交社ニュースです。

お詫びと訂正

弊社発行書籍、古新舜・佐東みどり著 「ノー・ヴォイス」において、誤植があり…

三交社のリンクバナーです。

対テロ金融戦争の虚妄
対テロ金融戦争の虚妄

対テロ金融戦争の虚妄

発売日:2008年07月01日

イブラハム・ワルド著 立木勝訳

ISBN:978-4-87919-174-8 / C0036 / 四六判上製 / 422頁

定価3024円(税込)

サイト内で購入する。

政治テロの動機は金ではない


国際テロリストの資金ネットワークの中核に一撃を加えた!?  
  9・11テロ攻撃以後、ブッシュ政権が実施した一連の金融取り締まりは、百害あって一利なしの無能な策だった。〈テロ資金供与の容疑で銀行口座を凍結〉といった戦果がはなばなしく喧伝されながら、テロ活動はいっこうに減らないどころか、ますます増えているのはなぜか。
  対麻薬戦争で使った手法を〈利益のための犯罪〉とは無縁な対政治テロに適用したことの根本的な失敗を詳細に例証する。


謝辞

 序章 金融戦争の霧

Part1 テロ資金供与という神話
  第1章 ファンタジー、フィクション、そしてテロ資金供与

Part2 金融戦争の交戦規定
  第2章 犯人のでっち上げ/金融領域の地勢
  第3章 欠陥だらけのマネーロンダリング・テンプレート

Part3 物語と力学
  第4章 金と対テロ戦争の物語
  第5章 常連容疑者
  第6章 金融戦争の力学

Part4 戦争とその影響
  第7章 標的と二次被害
  第8章 「ゲーティッド・ファイナンス」をはじめとする金融戦争の諸矛盾
  第9章 イスラム教慈善組織の問題

Part5 「評価と勧告
  第10章 「破滅的成功」/金融戦争の評価
  第11章 資金とテロ再考

エピローグ 最後の幸福な戦士たち

訳者あとがき

註釈