書籍情報



書籍を検索します。

カテゴリー

E★エブリスタ

三交社のブックリストです。

書影

ファックナイトレ…

成瀬一草

702円 / 9784815550318

書影

BL作家、時々オオ…

雲井ナツメ

713円 / 9784815550325

書影

人妻喰い

二階堂修一郎

780円 / 9784815575205

書影

パパは大モノ! 乱…

鳴海丈

780円 / 9784815575199

書影

乱れ咲きのΩ~未亡…

楽田トリノ

702円 / 9784815500894

三交社ニュースです。

お詫びと訂正

弊社発行書籍、古新舜・佐東みどり著 「ノー・ヴォイス」において、誤植があり…

三交社のリンクバナーです。

ワーグナーのヒトラー
ワーグナーのヒトラー

ワーグナーのヒトラー
「ユダヤ」に取り憑かれた予言者と執行者

発売日:1999年11月10日

ヨアヒム・ケーラー著 橘正樹訳

ISBN:978-4-87919-141-0 / C1022 / 四六判上製 / 544頁

定価4104円(税込)

サイト内で購入する。

ヒトラーの信念の中には、ワーグナーの信念が投影されていた ヒトラーにとってワーグナーこそ「これまで生まれてきた者の中で最も偉大なドイツ人」だった。


アドルフ・ヒトラーが若いころから熱狂的なリヒャルト・ワーグナーのファンだったことはよく知られている。筆者が紡ぎだすヒトラー像は、ワーグナーから徹底した影響を受け、ワーグナーの思想からイデオロギーを作り出し、ワーグナーのヴィジョンの成就とその実行を生涯の使命と見なしていた人物である。ヒトラーに対するワーグナーの影響は忘れ去られているか否認されるなどして、あまりにも過小評価されてきたが、ヒトラーの信念の中には、ワーグナーの信念が投影され、そして、そこにはユダヤ問題の「最終的解決」もあった。

ゲルマン崇拝と反ユダヤ神殿としてのバイロイト。ワーグナー・オペラとしてのナチス第三帝国。ヒトラーの発言と行動の背後には常にワーグナーがいた。ヒトラーがいかに深くワーグナーの理念、とりわけ「ユダヤ人のいない世界」を胸の内に刻み込んでいたか、そしてヒトラーの権力掌握にいたる上昇がワーグナーの相続人と友人達にどれほど多く背負っていたかを圧倒的な例証で明らかにする。ヒトラーは単にワーグナーを誤解し、悪用しただけなのか。預言者は救済され、そのヴィジョンの執行者だけが断罪される従来の「ヒトラーのワーグナー」論に対し、ワーグナーの音楽に心酔し、ワーグナーの思想からイデオロギーを作り出し、ワーグナーの神話的、黙示録的ヴィジョンの成就と実行を生涯の使命とみなした「弟子」ヒトラーの軌跡を、ワーグナーのオペラと散文著作をからめながら詳細に跡づける迫力満点の歴史的読み物。