書籍情報



書籍を検索します。

カテゴリー

E★エブリスタ

三交社のブックリストです。

書影

ワケありシェアハ…

渡海奈穂

734円 / 9784815535186

書影

不幸くんの幸い

713円 / 9784815500887

書影

喫茶ハレム、恋の…

はやりやまい

713円 / 9784815500849

書影

俺の彼氏に開発さ…

でん蔵

702円 / 9784815500863

書影

わがままと仕立て屋

るみあ

702円 / 9784815500856

三交社ニュースです。

お詫びと訂正

弊社発行書籍、古新舜・佐東みどり著 「ノー・ヴォイス」において、誤植があり…

三交社のリンクバナーです。

最後のフーコー
最後のフーコー

最後のフーコー

発売日:1990年12月20日

J・バーナウアー他著 山本学他訳

ISBN:978-4-87919-104-5 / C1010 / 四六判上製 / 334頁

定価2412円(税込)

サイト内で購入する。

一貫したフーコーの思考の軌跡をたどり、その到達点と可能性を探る。死去5ヶ月前のインタビューと詳細な文献リストを収録。


幻の『セクシュアリテの歴史』第4巻、および2,3巻に肉薄! 一貫したフーコーの思考の軌跡をたどる。知/権力、考古学/系譜学、社会科学/哲学――アイデンティティーの問い、ディスクールの政治、エクスタシーの思考、換喩の戦略、パレーシアと哲学、自由のプラチックをテーマとした各論考。――フーコー・インタビュー、年譜、詳細な文献目録を含む。



凡例

はじめに

第1章 自由のプラチックとしての自己への配慮の倫理
▼ミシェル・フーコー(インタビュー)

第2章 フーコー、ラモーの甥、アイデンティティーの問い
▼カーリス・ラセフスキス

第3章 フーコーと哲学――節制と過剰のはざま
▼ガース・ギラン

第4章 ミシェル・フーコーのエクスタシーの思考
▼ジェイムズ・W・バーナウアー

第5章 思考の食物(かて)――後期フーコーにおける換喩
▼ダイアン・ルーベンシュタイン

第6章 パレーシアストとしてのフーコー ――コレージュ・ド・フランスでの最後の講義
▼トーマス・フリン   

ミシェル・フーコー/年譜

フーコーの著作=仕事1954―1984