三交社の書籍です!


花意匠のなげ入れ花 3
花意匠のなげ入れ花 3

花意匠のなげ入れ花 3

発売日:2002年06月20日

工藤和彦著

ISBN:978-4-916049-17-9 / C1376 / B5変形美装版 / 64頁

定価1620円(税込)

サイト内で購入する。


新世紀を期して装いあらたに登場した花意匠のなかから、身近な四季の草花を題材に、瓶形式にいける「たてるかたち」「かたむけるかたち」「ひらくかたち」を、豊富なカラー作例と懇切な解説で紹介

もっと詳しく

吉本隆明が語る戦後55年 第8巻
吉本隆明が語る戦後55年 第8巻

吉本隆明が語る戦後55年 第8巻
マス・イメージと大衆文化/ハイ・イメージと超資本主義

発売日:2002年05月31日

吉本隆明他著 吉本隆明研究会編

ISBN:978-4-87919-208-0 / C1330 / A5判 / 152頁

定価2160円(税込)

サイト内で購入する。

日本発=世界思想のすべてを語り,論じ,考究する.
吉本隆明が自ら語る「戦後55年」の足跡1500枚を完全収録.


全12巻の内容
【吉本隆明が語る戦後55年】
(各巻に以下の通り収録――週刊読書人1995年8月18日~2000年3月31日掲載『吉本隆明戦後50年を語る』のオリジナル原稿を再整理し注釈を付す)

第1巻 60年安保闘争と『試行』創刊前後  
第2巻 戦後文学と言語表現論  
第3巻 共同幻想・民俗・前古代  
第4巻 フーコーの考え方  
第5巻 開戦・戦中・敗戦直後――『マチウ書試論』を中心に  
第6巻 政治と文学をめぐって/心的現象・歴史・民族  
第7巻 初期歌謡から源氏物語まで/親鸞とその思想  
第8巻 マス・イメージと大衆文化/ハイ・イメージと超資本主義  
第9巻 天皇制と日本人  
第10巻 我が少年時代と「少年期」  
第11巻 詩的創造の世界  
第12巻 批評とは何か/丸山真男について

※上記の他に、各巻に下記の内容を掲載
【現在への発言】
(吉本隆明によるホットな社会・政治・文化時評/語り下ろしで毎号収録)
【吉本隆明との出会い】
(さまざまな分野の人々へのインタビュー)
【時代の中の吉本隆明】
(60年代の吉本隆明/70年代の吉本隆明/80年代の吉本隆明他)
【批評】
(吉本隆明の諸著書や思想を対象とする評論)
【その他】
(吉本隆明が提起したさまざまなテーマを受けての諸論考)

もっと詳しく

ヒトラー
ヒトラー

ヒトラー
ある《革命家》の肖像

発売日:2002年04月10日

マーティン・ハウスデン著 清水順子訳 吉田八岑監修

ISBN:978-4-87919-150-2 / C1022 / 四六判上製 / 328頁

定価3024円(税込)

サイト内で購入する。

豊富な証言と資料で綴る「永遠なる革命家」ヒトラーの全真相。


多くの人々の歓喜の的であり,希望の星であり、同時に憎悪と恐怖の源であったヒトラー。本当のところ、彼は何を望み、何を実現したかったのか。

───ヒトラーの思想や革命のビジョンは独創的ではなく、単純な偏見に基づいたものだった。しかしそれは、誰の目からみても新鮮で、真剣そのものだったのである.(本文より)

もっと詳しく

花意匠のなげ入れ花 2
花意匠のなげ入れ花 2

花意匠のなげ入れ花 2
山野草を使って

発売日:2002年02月21日

工藤和彦著

ISBN:978-4-916049-16-2 / C1376 / B5変形美装版 / 64頁

定価1620円(税込)

サイト内で購入する。


新世紀を期して装いあらたに登場した花意匠のなかから、身近な四季の草花を題材に、瓶形式にいける「たてるかたち」「かたむけるかたち」「ひらくかたち」を、豊富なカラー作例と懇切な解説で紹介

もっと詳しく

吉本隆明が語る戦後55年 第7巻
吉本隆明が語る戦後55年 第7巻

吉本隆明が語る戦後55年 第7巻
初期歌謡から源氏物語まで/親鸞とその思想

発売日:2002年02月01日

吉本隆明他著 吉本隆明研究会編

ISBN:978-4-87919-207-3 / C1330 / A5判 / 160頁

定価2160円(税込)

サイト内で購入する。

日本発=世界思想のすべてを語り,論じ,考究する.
吉本隆明が自ら語る「戦後55年」の足跡1500枚を完全収録.


全12巻の内容
【吉本隆明が語る戦後55年】
(各巻に以下の通り収録――週刊読書人1995年8月18日~2000年3月31日掲載『吉本隆明戦後50年を語る』のオリジナル原稿を再整理し注釈を付す)

第1巻 60年安保闘争と『試行』創刊前後  
第2巻 戦後文学と言語表現論  
第3巻 共同幻想・民俗・前古代  
第4巻 フーコーの考え方  
第5巻 開戦・戦中・敗戦直後――『マチウ書試論』を中心に  
第6巻 政治と文学をめぐって/心的現象・歴史・民族  
第7巻 初期歌謡から源氏物語まで/親鸞とその思想  
第8巻 マス・イメージと大衆文化/ハイ・イメージと超資本主義  
第9巻 天皇制と日本人  
第10巻 我が少年時代と「少年期」  
第11巻 詩的創造の世界  
第12巻 批評とは何か/丸山真男について

※上記の他に、各巻に下記の内容を掲載
【現在への発言】
(吉本隆明によるホットな社会・政治・文化時評/語り下ろしで毎号収録)
【吉本隆明との出会い】
(さまざまな分野の人々へのインタビュー)
【時代の中の吉本隆明】
(60年代の吉本隆明/70年代の吉本隆明/80年代の吉本隆明他)
【批評】
(吉本隆明の諸著書や思想を対象とする評論)
【その他】
(吉本隆明が提起したさまざまなテーマを受けての諸論考)

もっと詳しく

「脱亜超欧」へ向けて
「脱亜超欧」へ向けて

「脱亜超欧」へ向けて
日本は欧米アジアの限界をどう超えるか

発売日:2001年11月30日

呉善花(お・そんふぁ)著

ISBN:978-4-87919-579-1 / C0036 / 四六判 / 224頁

定価1620円(税込)

サイト内で購入する。

世界はこれ以上,欧米的な考え方ではやっていけない!


日本には「西欧的な世界」とも「アジア的な世界」とも違う,日本人の特異な感受性に支えられた「もう一つの世界」がある─その可能性を徹底的に探った待望の文化評論

もっと詳しく

ユダヤ・キリスト教 VS イスラム
ユダヤ・キリスト教 VS イスラム

ユダヤ・キリスト教 VS イスラム
監獄宗教の一神教が世界犯罪を行ってきた!

発売日:2001年11月25日

太田龍著

ISBN:978-4-87919-581-4 / C0036 / 四六判 / 256頁

定価1728円(税込)

サイト内で購入する。

「米国同時多発テロ」は、これからの世界の枠組みをどう変えていくのか? 日本は今後どうなるのか?


日本人が知らないユダヤ・キリスト教の恐るべき真実ともう一つの監獄宗教=イスラム原理主義の実態を解明する。今回のテロ事件の核にある「一神教」の読解・理解なくして、これからの世界を語ることはできない。

もっと詳しく

米国同時多発テロの「謀略史観」 解析
米国同時多発テロの「謀略史観」 解析

米国同時多発テロの「謀略史観」 解析
真犯人は国際イルミナティ三百人委員会だ!

発売日:2001年11月25日

週刊日本新聞編

ISBN:978-4-87919-580-7 / C0036 / A5判並製 / 128頁

定価1234円(税込)

サイト内で購入する。

狙いは、一つ「世界人間牧場」プロジェクトの発動だ あなたは、殺処分されるか、奴隷になる。


アメリカの常識的凡庸知識人、マスメディア並びに当局から蔑視、危険視、忌避され、逮捕監禁や発禁などの弾圧を受けながら真相究明と真実の伝達に使命感をもつ愛国者、聖職者、右翼運動家や研究者たちの最新の情報を分析・解説する。マスコミが絶対に触れない、書かない米国同時多発テロの真相を徹底的に明かす。

もっと詳しく

武道空手への招待
武道空手への招待

武道空手への招待

発売日:2001年11月25日

摩文仁賢榮著

ISBN:978-4-87919-031-4 / C3075 / A5判上製 / 276頁

定価3024円(税込)

サイト内で購入する。

日本のみならず、世界の空手界の最長老、最重鎮の一人として広く尊敬を集める糸東流二代宗家の著者が、武道空手の成立と発展、上達の方法、武道の本質を開陳。


今日のスポーツ化された空手では軽視されがちな「形」を説きながら、現代武道を批判し、心技体の一致、動く禅としての空手、健康面 での効用を力説する。 *巻末に、テレビ東京代表取締役、一木豊会長のインタビューを付す。

もっと詳しく

ラビリンス
ラビリンス

ラビリンス
科学の隠された意味を探る

発売日:2001年10月25日

ピーター・ぺジック著 小沢元彦訳

ISBN:978-4-87919-148-9 / C0040 / 四六判上製 / 224頁

定価2484円(税込)

サイト内で購入する。

近代科学は自然というラビリンス(迷宮)に踏み込むために、どのような「導き糸」を必要としたのか。


作家・音楽家・科学者・教師という四つの顔をもつ著者の、六人の科学者をめぐる「知への愛」の物語。

ウイリアム・ギルバート、フランシス・ベーコン、ヨハネス・ケプラー、アイザック・ニュートン、アルバート・アインシュタイン、フランソワ・ヴィエトなど、よく知られた六名の科学者をとりあげながら、自然という「迷宮」の奥深く「隠された」秘密と格闘する彼らの内的動機とその業績=作品を、気鋭の物理学者兼音楽家が、第一級のミステリー作品を読むように、鮮やかに解読する知的興奮に満ちた科学読本。人文系の読者にもおすすめできる一冊。

もっと詳しく