三交社の書籍です!


ラビリンス
ラビリンス

ラビリンス
科学の隠された意味を探る

発売日:2001年10月25日

ピーター・ぺジック著 小沢元彦訳

ISBN:978-4-87919-148-9 / C0040 / 四六判上製 / 224頁

定価2484円(税込)

サイト内で購入する。

近代科学は自然というラビリンス(迷宮)に踏み込むために、どのような「導き糸」を必要としたのか。


作家・音楽家・科学者・教師という四つの顔をもつ著者の、六人の科学者をめぐる「知への愛」の物語。

ウイリアム・ギルバート、フランシス・ベーコン、ヨハネス・ケプラー、アイザック・ニュートン、アルバート・アインシュタイン、フランソワ・ヴィエトなど、よく知られた六名の科学者をとりあげながら、自然という「迷宮」の奥深く「隠された」秘密と格闘する彼らの内的動機とその業績=作品を、気鋭の物理学者兼音楽家が、第一級のミステリー作品を読むように、鮮やかに解読する知的興奮に満ちた科学読本。人文系の読者にもおすすめできる一冊。

もっと詳しく

花意匠のなげ入れ花 1
花意匠のなげ入れ花 1

花意匠のなげ入れ花 1

発売日:2001年10月02日

工藤和彦著

ISBN:978-4-916049-15-5 / C1376 / B5変形美装版 / 64頁

定価1620円(税込)

サイト内で購入する。


新世紀を期して装いあらたに登場した花意匠のなかから、身近な四季の草花を題材に、瓶形式にいける「たてるかたち」「かたむけるかたち」「ひらくかたち」を、豊富なカラー作例と懇切な解説で紹介

もっと詳しく

吉本隆明が語る戦後55年 第6巻
吉本隆明が語る戦後55年 第6巻

吉本隆明が語る戦後55年 第6巻
政治と文学をめぐって/心的現象・歴史・民族

発売日:2001年09月25日

吉本隆明他著 吉本隆明研究会編

ISBN:978-4-87919-206-6 / C1330 / A5判 / 160頁

定価2160円(税込)

サイト内で購入する。

日本発=世界思想のすべてを語り,論じ,考究する.
吉本隆明が自ら語る「戦後55年」の足跡1500枚を完全収録.


全12巻の内容
【吉本隆明が語る戦後55年】
(各巻に以下の通り収録――週刊読書人1995年8月18日~2000年3月31日掲載『吉本隆明戦後50年を語る』のオリジナル原稿を再整理し注釈を付す)

第1巻 60年安保闘争と『試行』創刊前後  
第2巻 戦後文学と言語表現論  
第3巻 共同幻想・民俗・前古代  
第4巻 フーコーの考え方  
第5巻 開戦・戦中・敗戦直後――『マチウ書試論』を中心に  
第6巻 政治と文学をめぐって/心的現象・歴史・民族  
第7巻 初期歌謡から源氏物語まで/親鸞とその思想  
第8巻 マス・イメージと大衆文化/ハイ・イメージと超資本主義  
第9巻 天皇制と日本人  
第10巻 我が少年時代と「少年期」  
第11巻 詩的創造の世界  
第12巻 批評とは何か/丸山真男について

※上記の他に、各巻に下記の内容を掲載
【現在への発言】
(吉本隆明によるホットな社会・政治・文化時評/語り下ろしで毎号収録)
【吉本隆明との出会い】
(さまざまな分野の人々へのインタビュー)
【時代の中の吉本隆明】
(60年代の吉本隆明/70年代の吉本隆明/80年代の吉本隆明他)
【批評】
(吉本隆明の諸著書や思想を対象とする評論)
【その他】
(吉本隆明が提起したさまざまなテーマを受けての諸論考)

もっと詳しく

大阪人の思惑 東京の都合
大阪人の思惑 東京の都合

大阪人の思惑 東京の都合

発売日:2001年07月05日

遠森慶著

ISBN:978-4-87919-577-7 / C0036 / 四六判 / 228頁

定価1404円(税込)

サイト内で購入する。

大阪暮らし十年の生粋東京人が,愛憎半ばする悩ましい自らの在阪体験を総ざらいしながら,独り歩きする「大阪イメージ」を一つ一つ“愛を込めて”撃つ,ニュータイプの大阪読本


大阪暮らし10年余の生粋東京人の目と心に映じた大阪の実像と虚像を,マジメでシャイな愛情あふれる筆致で綴る,今様大阪読本.東京・大阪双方の都合がつくりあげたステレオタイプの大阪像からしなやかに距離をおきながら,このいわくある街の外装と内面 をあらゆる角度から検証,探索する.大阪にこれから来る人,大阪文化が理解できずに悶えている人,そして「反東京」感情をいだく大阪の人々へのお伴の本.著者は韓国文化・風俗関係ライター.

もっと詳しく

吉本隆明が語る戦後55年 第5巻
吉本隆明が語る戦後55年 第5巻

吉本隆明が語る戦後55年 第5巻
開戦・戦中・敗戦直後─『マチウ書試論』を中心に

発売日:2001年06月25日

吉本隆明他著 吉本隆明研究会編

ISBN:978-4-87919-205-9 / C1330 / A5判 / 144頁

定価2160円(税込)

サイト内で購入する。

日本発=世界思想のすべてを語り,論じ,考究する.
吉本隆明が自ら語る「戦後55年」の足跡1500枚を完全収録.


全12巻の内容
【吉本隆明が語る戦後55年】
(各巻に以下の通り収録――週刊読書人1995年8月18日~2000年3月31日掲載『吉本隆明戦後50年を語る』のオリジナル原稿を再整理し注釈を付す)

第1巻 60年安保闘争と『試行』創刊前後  
第2巻 戦後文学と言語表現論  
第3巻 共同幻想・民俗・前古代  
第4巻 フーコーの考え方  
第5巻 開戦・戦中・敗戦直後――『マチウ書試論』を中心に  
第6巻 政治と文学をめぐって/心的現象・歴史・民族  
第7巻 初期歌謡から源氏物語まで/親鸞とその思想  
第8巻 マス・イメージと大衆文化/ハイ・イメージと超資本主義  
第9巻 天皇制と日本人  
第10巻 我が少年時代と「少年期」  
第11巻 詩的創造の世界  
第12巻 批評とは何か/丸山真男について

※上記の他に、各巻に下記の内容を掲載
【現在への発言】
(吉本隆明によるホットな社会・政治・文化時評/語り下ろしで毎号収録)
【吉本隆明との出会い】
(さまざまな分野の人々へのインタビュー)
【時代の中の吉本隆明】
(60年代の吉本隆明/70年代の吉本隆明/80年代の吉本隆明他)
【批評】
(吉本隆明の諸著書や思想を対象とする評論)
【その他】
(吉本隆明が提起したさまざまなテーマを受けての諸論考)

もっと詳しく

ぼくの少年刑務所暮らし
ぼくの少年刑務所暮らし

ぼくの少年刑務所暮らし

発売日:2001年05月31日

福島翔六著

ISBN:978-4-87919-576-0 / C0093 / 四六判 / 264頁

定価1404円(税込)

サイト内で購入する。

少年刑務所での生活と周囲のひとびととの関わり、多くの若者に通底する日常のふとよぎる影と陥穽(おとしあな)を鮮やかに、コミカルに描く。


「覚醒剤取締法違反」で逮捕された「ぼく」は執行猶予三年、保護観察三年の刑を受ける。あと数カ月で執行猶予が終るという時に隠れてシンナーや覚醒剤をやったり、保護司への訪問を怠る。たったひとりで祝う二十三歳の誕生日に、新宿で覚醒剤を買う、……少年刑務所。塀のなかでの暮らしを「仕事」と割りきる少年ヤクザ、人情味あふれる熱血漢の先生、食事の取引や殴り合いのケンカで懲罰に挙がる者。ぼくも時には人をからかったり、陰険ないじめにあう。 待ちに待った仮釈放で家に帰り着いたぼくは、また新宿に出る。そこには一年前のぼくが……。

もっと詳しく

吉本隆明が語る戦後55年 第4巻
吉本隆明が語る戦後55年 第4巻

吉本隆明が語る戦後55年 第4巻
フーコーの考え方

発売日:2001年04月25日

吉本隆明他著 吉本隆明研究会編

ISBN:978-4-87919-204-2 / C1330 / A5判 / 144頁

定価2160円(税込)

サイト内で購入する。

日本発=世界思想のすべてを語り,論じ,考究する.
吉本隆明が自ら語る「戦後55年」の足跡1500枚を完全収録.


全12巻の内容
【吉本隆明が語る戦後55年】
(各巻に以下の通り収録――週刊読書人1995年8月18日~2000年3月31日掲載『吉本隆明戦後50年を語る』のオリジナル原稿を再整理し注釈を付す)

第1巻 60年安保闘争と『試行』創刊前後  
第2巻 戦後文学と言語表現論  
第3巻 共同幻想・民俗・前古代  
第4巻 フーコーの考え方  
第5巻 開戦・戦中・敗戦直後――『マチウ書試論』を中心に  
第6巻 政治と文学をめぐって/心的現象・歴史・民族  
第7巻 初期歌謡から源氏物語まで/親鸞とその思想  
第8巻 マス・イメージと大衆文化/ハイ・イメージと超資本主義  
第9巻 天皇制と日本人  
第10巻 我が少年時代と「少年期」  
第11巻 詩的創造の世界  
第12巻 批評とは何か/丸山真男について

※上記の他に、各巻に下記の内容を掲載
【現在への発言】
(吉本隆明によるホットな社会・政治・文化時評/語り下ろしで毎号収録)
【吉本隆明との出会い】
(さまざまな分野の人々へのインタビュー)
【時代の中の吉本隆明】
(60年代の吉本隆明/70年代の吉本隆明/80年代の吉本隆明他)
【批評】
(吉本隆明の諸著書や思想を対象とする評論)
【その他】
(吉本隆明が提起したさまざまなテーマを受けての諸論考)

もっと詳しく

職人
職人

職人
伝えたい日本の”魂”

発売日:2001年04月01日

エス・ビー・ビー編

ISBN:978-4-87919-574-6 / C0072 / 四六判 / 292頁

定価1944円(税込)

サイト内で購入する。

伝えたい日本の"魂"


十五人の匠たちの本音のインタビューと、黒川紀章他のエッセーをまとめる。
いつの間にか、人々の日々の暮らしから潤い、粋でいなせな活力と、美しさの「型」が消えた。
それは世の中から「職人技」が失われたからにほかならない。
職人技とは何か? 今も息づく日本各地の伝統技芸を探る。

もっと詳しく

花日記「犬と歩けば」
花日記「犬と歩けば」

花日記「犬と歩けば」

発売日:2001年03月14日

星野達郎著

ISBN:978-4-87919-618-7 / C1070 / 136頁・フルカラー / A5判

定価2160円(税込)

サイト内で購入する。

「愛犬と風流を楽しむ方法があるなんて清少納言も知らなかっただろう」 (かくつとむ・ネイチャージャーナリスト)


厳寒に耐えた蕗の薹、東一華…。  草原の朝露をうける夕菅、小鬼百合…。   山路の韻を奏でる山鳥兜、竜胆…。 山野草への想いを、豊かな知識とユーモアで綴る花日記。

140点の写真を全頁カラーで。

もっと詳しく

吉本隆明が語る戦後55年 第3巻
吉本隆明が語る戦後55年 第3巻

吉本隆明が語る戦後55年 第3巻
共同幻想・民俗・前古代

発売日:2001年03月05日

吉本隆明他著 吉本隆明研究会編

ISBN:978-4-87919-203-5 / C1330 / A5判 / 144頁

定価2160円(税込)

サイト内で購入する。

日本発=世界思想のすべてを語り,論じ,考究する.
吉本隆明が自ら語る「戦後55年」の足跡1500枚を完全収録.


全12巻の内容
【吉本隆明が語る戦後55年】
(各巻に以下の通り収録――週刊読書人1995年8月18日~2000年3月31日掲載『吉本隆明戦後50年を語る』のオリジナル原稿を再整理し注釈を付す)

第1巻 60年安保闘争と『試行』創刊前後  
第2巻 戦後文学と言語表現論  
第3巻 共同幻想・民俗・前古代  
第4巻 フーコーの考え方  
第5巻 開戦・戦中・敗戦直後――『マチウ書試論』を中心に  
第6巻 政治と文学をめぐって/心的現象・歴史・民族  
第7巻 初期歌謡から源氏物語まで/親鸞とその思想  
第8巻 マス・イメージと大衆文化/ハイ・イメージと超資本主義  
第9巻 天皇制と日本人  
第10巻 我が少年時代と「少年期」  
第11巻 詩的創造の世界  
第12巻 批評とは何か/丸山真男について

※上記の他に、各巻に下記の内容を掲載
【現在への発言】
(吉本隆明によるホットな社会・政治・文化時評/語り下ろしで毎号収録)
【吉本隆明との出会い】
(さまざまな分野の人々へのインタビュー)
【時代の中の吉本隆明】
(60年代の吉本隆明/70年代の吉本隆明/80年代の吉本隆明他)
【批評】
(吉本隆明の諸著書や思想を対象とする評論)
【その他】
(吉本隆明が提起したさまざまなテーマを受けての諸論考)

もっと詳しく