書籍情報



書籍を検索します。

カテゴリー

E★エブリスタ

三交社のブックリストです。

書影

オオカミ騎士団長…

当麻咲来

1296円 / 9784815540173

書影

ドMでちっこい先…

高橋徹

1296円 / 9784815565138

書影

アンビリカル・セ…

十わだこ

702円 / 9784815500818

書影

わんちゃんおいで…

ロッキー

713円 / 9784815500801

書影

運命のひと

はんそで

713円 / 9784815500795

三交社ニュースです。

お詫びと訂正

弊社発行書籍、古新舜・佐東みどり著 「ノー・ヴォイス」において、誤植があり…

三交社のリンクバナーです。

中世の秘密結社
中世の秘密結社

中世の秘密結社
-歴史の闇に埋もれた真実を探る-

発売日:2009年10月15日

トーマス・カイトリー著 立木勝訳

ISBN:978-4-87919-177-9 / C1022 / 四六判並製 / 388頁

定価2484円(税込)

サイト内で購入する。

絶賛された秘密結社研究の古典がついに邦訳で登場!
秘密結社が身近であった一九世紀に初めて書かれた精緻な研究書が、いま甦る!


◎世界史上に初めて登場した本格的なテロ組織と言われ、英語のassassinをはじめ、ヨーロッパ各国語で「暗殺」の語源となった「暗殺の秘密結社」アサッシン団
◎テンプル騎士団が崩壊したあとの地下組織としての活動に焦点を当て、具体的な記録や証拠を挙げながら事細かに語る「王も恐れた大勢力の秘密結社」テンプル騎士団
◎歴史的な起源から説き起こし、資料に基づいて客観的な分析を展開する、日本の読者にはほとんど馴染のない「知られざる結社」ヴェストファーレン秘密法定


はじめに 闇に蠢く「秘密結社」の実態

序論 「秘密結社」京成の謎を探る

第1部 暗殺の秘密結社 アサッシン団
 第1章 「秘密結社」の発生の前史を見る
 第2章 アサッシン団設立の背景
 第3章 アサッシン団の起こり
 第4章 本拠地アラムートの獲得、防衛、そして拡大
 第5章 「東方イスマーイール派」から変容・確立されたアサッシン団
 第6章 アサッシン団によるテロルの系譜
 第7章 異端としてのアサッシン団の確立
 第8章 イスラーム世界に確固たる地位を築くアサッシン団
 第9章 十字軍戦争下のアサッシン団
 第10章 アサッシン団束の間の栄光とペルシア文学
 第11章 残光の中のアサッシン団
 第12章 アサッシン団の崩壊と伝説の流布

第2部 王も恐れた大勢力 テンプル騎士団
 第1章 西洋中世を特色づける宗教的軍事組織
 第2章 “戦う修道士”に始まった騎士団
 第3章 神殿の騎士たちの栄光と堕落
 第4章 退廃へと至るテンプル騎士団
 第5章 テンプル騎士団の階級や構成、儀式
 第6章 テンプル騎士団の版図と主要拠点
 第7章 テンプル騎士団組織の機構
 第8章 テンプル騎士団組織の統制方法
 第9章 テンプル騎士団への告発と逮捕
 第10章 すべてはフランス王の望み通りに
 第11章 テンプル騎士団の終焉と今日につながる謎

第3部 知られざる結社 ヴェストファーレン秘密法廷
 第1章 ヴェストファーレン域内のみで活動した「フェーメ法廷」
 第2章 フェーメ法廷の組織、構成、裁判手続き
 第3章 厳格に正義に則り、慈悲の側面もあった法廷
 第4章 フェーメ法廷の全体図を見る
 第5章 他例からのフェーメ法廷の検証
 第6章 フェーメ法廷の堕落の始まり
 第7章 衰退・消滅していったフェーメ法廷

おわりに 「秘密」結社が現代に投げかける光と影