書籍情報



書籍を検索します。

カテゴリー

E★エブリスタ

三交社のブックリストです。

書影

世界最強の神獣使…

鷹条色s

748円 / 9784815521226

書影

キスは絶対お断り!…

火崎勇

1430円 / 9784815543358

書影

バッドエンド秒読…

麻生ミカリ

1430円 / 9784815543341

書影

とある美しきコン…

青禎たかし

803円 / 9784815550912

書影

堕ちて、溺れて、…

あずまやまんぢゅう

781円 / 9784815562083

三交社ニュースです。

書店様へ Comic Piatto6月刊注文書・販促…

■注文書ダウンロード 【コミックピアット2023年6月新刊注文書】 【コミックピ…

「Vívido」発売記念 上条衿 作品展/サイン…

2022年12月21日(水)~27日(火) 会場:丸善丸の内本店 4階ギャラリー サイ…

三交社のリンクバナーです。

溺愛なんてされたくない
溺愛なんてされたくない

溺愛なんてされたくない

発売日:2023年12月28日

あさみ青子

ISBN:9784815502591 / 192ページ

定価759円(税込)

サイト内で購入する。

過保護な妖狐×一途で健気な青年
これ以上愛しくなったら手放せなくなってしまう


ある雨の日、捨てられていた人間の幼子を偶然見つけたのは、山奥で暮らす寡黙な妖狐、朔夜だった。

凪と名付けられた彼は、美人で健気な青年へ成長し、親代わりの朔夜にいつからか淡い恋心を抱いていた。

「ただの人間の僕は、朔夜様のお役に立てない」

それでも育ててもらった恩を返したいと悩んでいたある日思いついたのは、人間界に行けば朔夜の役に立てる方法を学べるかもしれないという事。

「俺の加護が届かないところには行くな」と言う朔夜に対して、凪は「もうこどもじゃない」と意地を張る。
熱意に負けた朔夜が人間界に行くのを許可する代わりに出した条件は、自分も一緒に人間界へ行く事で――